売れっ子芸能人に忍び寄るリストラパンデミックの危機

芸能・2020/05/17 15:00 / 掲載号 2020年5月21日号
売れっ子芸能人に忍び寄るリストラパンデミックの危機

内村光良

閉じる

 新型コロナウイルスの感染拡大にテレビ界はもとより、芸能人も青息吐息状態。なんと、大物芸能人までテレビ界から干されかねない危機に晒されている。

 バラエティー番組を主戦場として活躍してきた内村光良や有吉弘行、所ジョージ、ダウンタウン、くりぃむしちゅー、バナナマン、坂上忍、マツコ・デラックスなどなど…テレビ界で大御所扱いされている芸能人とて安泰ではないという。

「いわゆるバラエティー番組を中心に活動する大物芸能人に声が掛からなくなります。理由はコロナ騒動でロケはおろか、スタジオ収録が完全に中止になるからです。こうした大物芸能人はスケジュールをおさえた段階でギャラが発生する。現在、収録をしたくてもできない状態にあるわけです。結果、一度おさえたスケジュールをすべて解除するしか方法がないんです」(キー局テレビマン)

 個人事業主の芸能人は、テレビ局からの仕事がなければ収入はガタ落ちする。

「それでも2〜3カ月程度ならまだ持ちこたえられる可能性もあるが、コロナの長期化を受けスポンサー離れが加速している。テレビ局は冒険せずに過去のVTRやドラマの再放送、あるいは出演料が1本3万〜10万円程度の若手タレントで急場を凌ごうとしているんです」(芸能プロ関係者)

 大御所タレントがリストラされる理由がもう一つある。

「高額な出演料がネックになっているんです」

 と証言するのは大手広告代理店幹部。

 説明するまでもないが、民放キー局の番組制作費の原資はスポンサーからの広告出稿料によるもの。だが、一連のコロナ禍で広告出稿が激減しているのだ。

 政府による緊急事態宣言がさらに延長された場合、企業の8割近くが広告出稿から脱落すると想定されているほど。

「そうなれば、民放局は自腹で番組を作って放送するしかない。結果、これまでGP帯の番組で最低出演料が1本300万円〜の内村や150万円〜の有吉、200万円〜の所、500万円〜のダウンタウン、180万円〜の坂上、150万円〜のマツコらに声を掛けられないわけです。局の経営が傾いてしまう。つまり、声が掛からない=リストラに発展するわけですよ」(編成関係者)

 7月以降、コロナ騒動を理由にGP帯における多くのテレビ番組が終了するという。

「生き残るために大幅なギャラ値下げに応じるか? あるいはこのまま消えていくか? 二者択一しか残されていない」(事情通)

 コロナ騒動が完全に終息するまでには「最低1年」の予測が囁かれる昨今、売れっ子芸能人も生活に影響が出てきそうだ。

関連記事
関連タグ
芸能新着記事