岸明日香 2018年12月20日号

レイプドラッグを作り出した研修医 自宅に美女を連れ込んで強姦三昧②

掲載日時 2018年09月19日 23時50分 [官能] / 掲載号 2018年9月27日号

快感に貫かれ腹の上で射精

 となると、美緒さんを襲うしかなかった。美緒さんが異様なまでに大きなイビキをかき始めたので、それを介抱するフリして美緒さんに近づき、ズボンごとパンティーを脱がせた。

 湿り気のない秘肉をかき分けてズブズブと肉棒をもぐり込ませていく。津村はその様子をスマホに撮っていた。子宮の奥まで突き進むと、だんだん濡れてくるのが分かった。

 肉棒を抽送すると、ヌチャヌチャと粘着質のBGMが包んだ。結合部分には、白く泡立った粘液がまとわりついてくる。昏睡状態の美緒さんは当然抵抗しない。

「ううっ、イクッ…!」
 脳髄がとろけるような快感に貫かれながら、津村は花蜜にまみれた肉棒を取り出し、美緒さんの腹の上で射精した。完全犯罪に酔い、それから何事もなかったかのように眠りについた。

 早朝6時、シラフだった女性たちが目覚め、美緒さんを揺り起こして帰って行った。2人の先輩医師たちは何も知らずに寝ていた。

 昼近くになって起きてきた2人の先輩医師とレトルトカレーを食べながら、津村は昨日の顛末を話した。
「昨日、美緒ちゃんとヤッちゃったんですよ」
「マジでか…」
「美緒ちゃんから誘われたんですよ、ホラ、写真もあるし」
「あんな清楚な子がこんなに好きモンとはなァ…。やっぱり、女ってのはヤッてみないと分からんな」

 津村はその後も同様の手口でレイプを繰り返した。
 最後の犯行日、津村は出会い系サイトで知り合った別の病院の看護師にコンパのセッティングを頼み、例によって先輩医師たちと3対3でコンパを開いた。

 そこで知り合ったのが橘麻子さん(24)だった。麻子さんから5年も同棲している彼氏がいることを聞くと、津村は目を輝かせた。
「オレも婚約者がいるんだけどね…。もしかして、同じ目的かな?」
「そうかもね」
(文中の登場人物はすべて仮名です)

関連タグ:男と女の性犯罪実録調書


官能新着記事

» もっと見る

レイプドラッグを作り出した研修医 自宅に美女を連れ込んで強姦三昧②

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP