竹内渉 2018年8月2日号

北海道【あなたの地域の雑学】落花生をまくようになったある幼稚園での出来事とは

掲載日時 2018年06月24日 05時55分 [エンタメ]

北海道【あなたの地域の雑学】落花生をまくようになったある幼稚園での出来事とは

 節分といえば豆まき。大豆を鬼にぶつけるという、考えてみれば残酷な恒例行事だが、北海道ではなぜか落花生をまくという。

 きっかけは昭和30年代、ある幼稚園から始まった。その年も大豆で豆まきをしていたのだが、床にまかれた大豆をそのまま食べてしまった園児がいたのだ。それは衛生的にどうなのかという声が上がり、代わりにその地位に就いたのが落花生。殻付きだから豆が直接汚れることもないし、雪の中に落ちても拾いやすい、ということで定着した。

 落花生に変えてまで豆まきをやりたいなんて、すごくイベント好きか、心底鬼を恐れているのか。何にせよ、北海道が落花生の売上に貢献しているのは間違いない!

エンタメ新着記事

» もっと見る

北海道【あなたの地域の雑学】落花生をまくようになったある幼稚園での出来事とは

Close

▲ PAGE TOP