岸明日香 2018年12月20日号

大胆食レポ、開脚なんでもこい! 肉感的ハーフ女子アナの“お値段”

掲載日時 2018年09月25日 19時00分 [芸能] / 掲載号 2018年10月04日号

 『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)では、9月10日からの5日間、夏休みのために番組を休んでいる林マオアナの代打として、系列局の人気地方アナたちが日替わりでサブキャスターを務めたが、中でも11日に登場したアナウンサーが、大きな話題となっている。

 YBS山梨放送のハードキャッスル・エリザベス(26)アナのことだ。
「名前からしてインパクトが絶大な彼女は、地元の山梨では“エリー”の愛称で視聴者に親しまれる、英国人の父を持つハーフ美女。子役としてNHKの教育番組『えいごであそぼ』に出演したり、成城大学在学中に『ミス成城キャンパスコンテスト2011』のグランプリを受賞したという華々しい経歴からは考えられない、体当たりルポが持ち味なんです」(女子アナウオッチャー)

 地元での活躍の様子がまとめられたVTRでは、大量のラーメンを一気に吸い上げるシーンや、大口を開けての食レポシーンが紹介され、その美貌とのギャップに宮根誠司も口あんぐり。
「海外ロケで、エッグタルトの人気店を訪ねたときのベージュのノースリーブは、ボディーにピタリと張り付いて、推定Fカップのムチムチバストを際立たせていました。また、カエルのように脚を開いて寝そべり、腰をクイクイと上下させる“美尻エクササイズ”では、肉感的なヒップとたくましい太ももを披露。ワイプ(画面片隅の別の画面)の宮根も終始、ニヤケ顔でしたよ」(芸能記者)

 美貌に加えて、肉感的という最高スペックを備え、しかも体当たりルポも辞さないとなると、これはスター性十分。一気に大手芸能プロ注目の存在となったようだ。

 「2月に『踊る!さんま御殿!!』(日テレ系)に出演した際にも、実は大手プロが興味を示しており、一時、退社情報が飛び交いました。今回はさらに多くの事務所から声がかかりそうです。もちろん、宮根も気に入ったようで、自身の事務所に引っ張ろうと色気を見せていると言います」(同)

 視聴率が苦戦している『ミヤネ屋』だけに、いっちょ起用してみては?

関連タグ:ニューススクランブル


芸能新着記事

» もっと見る

大胆食レポ、開脚なんでもこい! 肉感的ハーフ女子アナの“お値段”

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP