中島史恵 2019年6月6日号

田中みな実 本誌に懇願? 「みな実も応援して!」

掲載日時 2013年01月27日 18時00分 [芸能] / 掲載号 2013年1月31日号

 TBSの田中みな実アナ(26)が、なんとも驚きの発言をしていたようだ。本誌に応援を要請しているというのだ。その詳細とは。

 田中アナは、いまご機嫌な状態だという。昨年12月末をもって不仲だった青木裕子アナ(30)が退職。いまのところフリーでやるのか伝わっておらず、交際中の矢部浩之と結婚し、復帰しない可能性もあるからだ。
 「人気局アナが退職する場合、辞めたあとの進路を多少なりとも示すのが普通。しかし青木アナの場合、男性問題を叩かれ、社内イジメの材料にされた。局をイヤで辞めたのですから、進路を明かすはずがない」(芸能ライター・蝦名康雄氏)

 田中アナと青木アナは、かつて人気番組『サンデージャポン』で共演。
 「番組内では先輩・後輩という関係ですが、田中アナは、青木アナの男性関係を指し『エロ裕子』と呼ぶほど嫌っていた。昨年秋、退職が決まったあたりから『これでせいせいする』と平然と話していたのですから、絶対テレビ界にもどってきてほしくないのです」(TBS関係者)

 田中アナはサンジャポのリポーター役から青木アナ担当の進行役に昇格。青木アナ退職による出世効果が早くも出ている。
 「サンジャポは視聴率4位の局にあって人気番組ですが、別段、田中アナに人気があるわけでもない。爆笑問題と青木アナの司会がウケていただけで、正直、田中アナは刺身のツマ。進行になったことも格段話題になっていない」(前出・同)

 なにしろ田中アナは一部雑誌の行った「嫌いな女子アナ」アンケートで堂々1位に選ばれるなど、人間性には難ありと評判。
 「田中アナは、よく週刊実話に目を通していて、実話が青木アナのことを『局の顔』と書くことに不満。そのたびに『なんで裕子が局の顔なの』『わかってないな〜』という感じで、局のシンパには言いたい放題。内心、青木アナが評価されていることが妬ましかったのでしょう」(テレビライター・小林タケ氏)

 ブリッ子で知られる田中アナが本誌を読んでいたというのも意外だが、最近様子が変わってきたという。
 「実話のことを“福雑誌”と言っているんですよ。『だって裕子も実話にホメられて有名になったでしょ。ミナミも応援された〜い』とかね。たくましい人ですよ」(前出・小林氏)

 そこまで言われたら応援するかも!?


芸能新着記事

» もっと見る

田中みな実 本誌に懇願? 「みな実も応援して!」

Close

WJガールオーディション

▲ PAGE TOP