本好きリビドー のタグが付いている記事
61〜70件目 / 229
  • 本好きリビドー(170)

    ◎快楽の1冊 『日常学事始』 荻原魚雷 本の雑誌社 1300円(本体価格) 始めから難癖を付けるつもりではないが、本書オビの煽りコピーには異論がある。“怠け者のための快適生活コラム集”。「?」とんでもな...

    エンタメ・2017/09/16 18:00
  • 本好きリビドー(169)

    ◎快楽の1冊 『軽率の曖昧な軽さ』 中原昌也 河出書房新社 1900円(本体価格) 中原昌也氏の作品はコワい。といって、氏は別にジャンルとしてのホラーを書いているわけでは決してないのだが、例えば、タイ...

    エンタメ・2017/09/10 17:00
  • 本好きリビドー(168)

    ◎快楽の1冊 『時代劇 役者昔ばなし』 能村庸一 ちくま文庫 950円(本体価格) つい先日のこと。仕事先のTBSラジオで「刑事コロンボ」と口にしたら20代の女性アナウンサーが全く分からぬ様子でいささかシ...

    エンタメ・2017/09/02 16:00
  • 本好きリビドー(167)

    ◎快楽の1冊 『神さまたちのいた街で』 早見和真 幻冬舎 1500円(本体価格) 高校の時、1年下の美少女に恋をした。 与太や冗談を飛ばせば敏感に反応して、つぶらな瞳を見開きながら満面に笑みを浮かべ、こ...

    エンタメ・2017/08/23 14:00
  • 本好きリビドー(166)

    ◎快楽の1冊 『蠕動で渉れ、汚泥の川を』 西村賢太 集英社 1600円(本体価格) 憚りながら西村賢太氏の著書は、小説はもちろん日記やエッセイ、対談集まで含め単行本の段階で全冊、読破している。その筆者...

    エンタメ・2017/08/12 14:00
  • 本好きリビドー(165)

    ◎快楽の1冊 『応仁の乱-戦国時代を生んだ大乱』 呉座勇一 中公新書 900円(本体価格) かつて東洋史の碩学(せきがく)・内藤湖南は「日本の歴史は応仁の乱以後だけを問題にすればよい」と喝破した。それほ...

    エンタメ・2017/08/04 18:00
  • 本好きリビドー(164)

    ◎快楽の1冊 『サイコパス』 中野信子 文春新書 780円(本体価格) 埼玉・行田の名物といえば古代蓮、『羊たちの沈黙』でおなじみレクター博士といえばサイコパス。この単語を聞くと反射的にIQは極めて高...

    エンタメ・2017/07/29 18:00
  • 本好きリビドー(163)

    ◎快楽の1冊 『〆切本』 左右社 2300円(本体価格) 本書は企画の発想がまず面白い。夏目漱石から最年少は西加奈子氏まで、作家・漫画家・詩人・学者・編集者ともの書く人々の締め切りにまつわるエッセイ...

    エンタメ・2017/07/22 16:00
  • 本好きリビドー(162)

    ◎快楽の1冊 『「小池劇場」が日本を滅ぼす』 有本香 幻冬舎 1300円(本体価格) 「安全と安心は別」―想像したくはないが、年末恒例、某社主催の新語・流行語大賞に今年は「忖度」とともにランクインしそ...

    エンタメ・2017/07/15 16:00
  • 本好きリビドー(161)

    ◎快楽の1冊 『証言UWF 最後の真実』 前田日明、藤原喜明、山崎一夫、船木誠勝、鈴木みのるほか 宝島社 1350円(本体価格) 読後の印象を一言でいえば『羅生門』だ。 むろん焼肉屋の方ではなくヴェネチア...

    エンタメ・2017/07/08 18:00

前へ234567891011次へ